東京メンズ眉毛研究所東京の男をかっこよく

東京の男をかっこよくする、メンズ眉毛に関する情報サイトです。

~光脱毛の種類~

光脱毛の中でも種類がありそれぞれ特徴があります。

どれが自分に合っているか知ってから脱毛したいですよね。

それぞれの特徴をみていきましょう。

【IPL脱毛】

IPLとはインテンス・パルス・ライトの略字です。

この脱毛方法は、光脱毛のなかでも一番古くからある方法です。

インテンスパルスライトという光を使ってメラニン色素に反応させて脱毛させます。

パワーや波長の違いがありますが、基本的な仕組みは、レーザー脱毛(医療脱毛)と同じです。

光を毛に反応させると光がメラニン色素に吸収され、吸収された光が熱に変わり、毛を伝って毛の根っこにある

毛乳頭に届き熱ダメージ(約60℃~70℃)を与えることで、タンパク変性をおこし固まります。

その後、不要な毛として自然に抜け落ちていき、これを繰り返していくことで

毛乳頭、毛母細胞の働きを弱め減毛が期待できます。

色味に反応して脱毛するので、男性の濃い毛にもおすすめです。

この方法は、濃い毛ほど痛みを感じやすくなりますが、最近では痛みを抑えた高機能な光脱毛機があります。

ラウズで使用している光脱毛機は、IPLとSHR、両方行える機械を使用していて、痛みが少ないのも特徴です。

またフォトフェイシャルと同じ光を当てていくので美肌効果も期待できます。

【SHR脱毛】

SHRとはスーパー・ヘア・リームバルの略字です。

この理論は、毛を成長させる毛乳頭にダメージを与えても

発毛因子を作り出すバルジ領域にダメージを与えなければまた生えてきてしまうという理論のため、

バルジ領域に弱めの熱を繰り返し当てて熱を蓄熱させて行う脱毛方法です。

皮脂線の下にあるバルジ領域が発見されたのは2000年~2001年に発見されたばかりで、IPLと違い実績が少ないため

取り入れているサロンは少ないです。そして、IPLより光を当ててから毛が抜けるまでに時間がかかります。

IPLと同じ光を当てていくので、毛周期と関係があり、毛のある成長期や退後期に反応し休止期の毛には反応しません。

弱いパワーで蓄熱させていくためホクロや白髪にも当てられ痛みが弱いのがメリットです。

 

【ssc脱毛】

sscとは、スムース・スキン・コントロールの略字です。

脱毛前に抑毛効果のある専用のジェルをのせて光を当てていきます。

専用のジェルの中にトレジャービーンズという成分が入っていて光を当てることにより

ビーンズがはじけて中のフィニリーブという有効成分が肌に浸透していきます。

肌に優しいのですが効果を実感するまでに時間がかかります。

光とジェルの相乗効果があり、IPLのように毛に直接的にダメージを与えるわけではないため

痛みがほとんどないのがメリットです。

【THR脱毛】

THRとは、サーモヒオートリムーバーの略字です。

この方法は、SHR脱毛を進化させた最新の脱毛方法で、SHR脱毛と同じ仕組みになっています。

SHR脱毛の場合連続照射すると光のパワーが落ちてしまうことがありましたが、

その点、THR脱毛は効果が落ちない安定した光の連続照射が可能となっています。

肌にもより優しく行えるのがメリットです。

他にもNPL脱毛というのもありますが、脱毛機メーカーにより呼び方が違うだけで

SHR脱毛とTHR脱毛と同じ仕組みで蓄熱式です。

【IPL】
太毛に有利で美肌効果も期待できる。多少の痛みがある。

【SHR】と【THR】
細毛に有利で痛みが少ない。

【SSC】
太毛、細毛どちらも同じくらいで、痛みがほとんどなく美肌効果も期待できる。

このようにそれぞれのメリットがあり、また脱毛機によって痛みが変わってくることもあるので

まずは、自分が何を重視するのかを決めてみましょう。

痛みを抑えたいのか、太毛を無くしていきたいのか、細い毛を無くしていきたいのか。

またサロンによって回数や料金、サービス内容が変わってくるのでしっかりチェックし

必要であればカウンセリングを受けたうえで比較してサロンを決めましょう。

ラウズで脱毛ご希望の方はお気軽にご相談ください。

※ご予約優先ですので、お早めにご連絡ください。

▼WEBでご予約の方はこちら
https://cg2.power-k.jp/hm-hmml/view/hmml/hmml010/hmml01000.html?sCompanyCd=9474&sOfficeCd=9473

▼お電話でのご予約はこちら
0422-27-1155

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事