Blogブログ

ROUSEスタッフがお届けする、ブログです。

~臭うのは夏より秋冬?~

汗をかくと臭いが気になりますが、運動不足で

汗をかかないことも体臭を臭わせる原因になります。

汗の原料は血液で、赤血球などを取り除いた血漿という体液から汗のもとが作られます。

血漿にはミネラルが含まれており、そのまま汗となって出てしまうと体にとって大切なミネラルが失われてしまうため、汗腺で血漿に含まれたミネラルをろ過して吸収します。ですので、血液が汗となるまでにろ過されることで、汗は99%水分になるのです。

汗をかかないと汗腺の機能が上手く働きにくくミネラルが汗に残ってしまい、ベタベタした汗となります。そして皮膚にいる常在菌がミネラルを、分解することにより臭いが発生してしまいます。

適度に汗をかくことで、汗腺が鍛えられ臭いも改善されるので、適度に汗をかくことが体臭対策になるのです。

 

秋冬は汗をかく機会が少なく、汗腺の機能が落ちてしまう他に臭いの元となるミネラルの成分が2倍に増加してしまうこと、そのミネラル分により皮膚表面がアルカリ性になることで、皮膚常在菌が繁殖しやすくなります。

これらにより秋冬の汗の臭いが強くなるのです。

秋冬はデオドラントケアしない方も多いと思いますが、実は秋冬こそケアが大切なのです。

秋冬こそ大人のエチケットとして、デオドラントケアをお忘れなく😊

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事